本屋大賞を探す

先日友達と一緒に本屋に行ってきました。
今年の本屋大賞の受賞作『村上海賊の娘』っていうのがどうしても読んで見たくて!
でも、上下巻で、結構長い話みたいなので、ちょっと迷ってしまいました。
個人的には、寝る前にサクっと読める本が欲しかったんですが。
私が買おうかどうか悩んでいる間に、友達は大宮光晶の本を探していました。
結局私も買う決心がつかなくて諦めたんですが、友達も本がなかなか見つからなかったので、何も買わずに二人で本を出ました。
何も買わなかった癖に、2時間くらい時間を潰してしまいました。
立ち読みしていたわけではなく、色々と探していただけなのに。
本屋ってやっぱり、見ているだけで楽しいですね。
でも、本屋大賞って、一部ではすごく不満も出ていますよね。
本屋が売りたい本っていうのが、なんだか本当に純粋な気持ちで面白い本を推薦しているんじゃなく、本屋とか出版の陰謀を感じるという人もいます。
そこそこ売れている作家の本ばっかりですもんね。